新築・リフォーム・家づくりのことなら 山形県 株式会社 鈴木工務店 
   家造りって大変だと思っていませんか? 大変だけど楽しい家造りができるようお手伝い致します。 どうぞお気軽にお問合せください
ホーム 家づくり リフォーム フレーミング工場 会社案内 施工例 資料請求
ぬくぬくハウス ぬくぬくかるちゃぁ ぬくぬくいべんと おらだず通信
性能の良い家 着工から完成まで 全館暖房 24時間計画換気 省エネルギー住宅 自然素材




冬は暖かく、夏は涼しく、一年中快適に暮らせる家
お客様が「本当にいい家に住めること」を目的にしています




  住宅の性能とは、断熱性、気密性により判断するものです。国が定めた次世代省エネルギー基準により
  地域ごとに区分された熱損失係数【Q値】と相当面積【C値】により判断します。
  すなわち【Q値】と【C値】が高ければ、高い断熱性と高い気密性がある性能の良い家になります。
   ■次世代省エネルギー基準地域区分
区分 熱損失係数【Q値】 相当隙間面積【C値】 主な地域
T地域 1.6w/uK以下 2.0cu/u以下 北海道など
U地域 1.9w/uK以下 2.0cu/u以下 青森、岩手、秋田、新庄市、最上町
V地域 2.4w/uK以下 2.0cu/u以下 山形、宮城、福島、新潟、長野など
W地域 2.7w/uK以下 2.0cu/u以下 東京、神奈川、愛媛、広島、福岡など
X地域 2.7w/uK以下 2.0cu/u以下 宮崎、鹿児島など
Y地域 3.7w/uK以下 2.0cu/u以下 沖縄など
  ■山形県は、次世代省エネルギー基準U地域、V地域両方の地域に該当します。市町村により区分されています。
   大まかな区分では新庄市、最上町、尾花沢はU地域、山形市、天童市、東根市、庄内はV地域となります。
  ■当社では、次世代省エネルギー基準U地域をクリアーする性能を標準にしています。
    熱損失係数【Q値】1.9w/uK以下
    相当隙間面積【C値】2.0cu/u以下  (気密測定を全棟実施)
  <解説>
   熱損失係数【Q値】とは、室内外の温度差が1℃の時、家全体から1時間に床面積1uあたりに逃げ出す熱量
   を示す指標。値が小さいほど断熱性能が高くなる。単位はw/uK
   相当隙間面積【C値】とは、1uあたりの住宅気密性能を示す指標で、住宅の全体の隙間面積を住宅の延べ床
   面積で割った値。値が小さいほど気密性能が高い。単位はcu/u。




  ■当社施工例
   建築地/山形県新庄市南沢
   竣工日/平成20年7月
   床面積/40坪
   熱損失係数【Q値】1.6w/uK
    相当隙間面積【C値】0.4cu/u
   暖房器/蓄熱暖房器 7K1台
     少ない暖房エネルギーで快適に過ごしておられ
    隙間風も結露もない快適な環境です





  ■Q1.0住宅とは何?
   断熱の強化や換気、開口部を工夫して、熱損失係数【Q値】が1.0w/uKに近い住宅のことを
   Q1.0住宅(キューワン住宅)としています。つまりQ1.0住宅とは、高度省エネ型断熱住宅を意味します。
   Q1.0住宅(キューワン住宅)の省エネ目標は、次世代省エネルギー基準の1/3〜1/4設定です。
   このときの熱損失係数【Q値】は必ずしも1.0w/uKではありません。1.3でも1.4でも目標値に到達します。
   熱損失係数【Q値】よりも、年間の暖房エネルギーにより判断しています。
   ■なぜQ1.0住宅をすすめるのか?
    より少ないエネルギーで快適に過ごすことができ、冬暖かく、隙間風も結露もない住環境でありながら、
    自由な発想のプランニングができる。より省エネ性能である=環境にも優しい住宅となります。
    もちろん家計にも優しい住宅となります。


  ■山形県のエネルギー消費量
   暖房は山形の暮らしに欠かせないものです。
   その暖房に使う灯油や電気といったエネルギ-の量は
   全国トップクラス。この暖房から二酸化炭素を
   減らすことは、地球温暖化を防ぐための大きな
   ポイントです。暖房エネルギーを抑えられる住宅は、
   これからの時代に不可欠な存在と言えます。


お問い合わせ
page top


仙台支店 最上構房 新住協
株式会社 鈴木工務店  〒999−6212 山形県最上郡最上町大字志茂210−18 TEL 0233−44−2316